スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーツを探る旅

 
昨日は次男キックベースの試合でした




計3試合し1勝2敗でしたが、みんなよく頑張ったね

そして来週はゆみへいがソフトバレーボールの区大会です

スポーツの秋は老体にこたえる。。。

何とか気力で頑張ろうと思っているゆみへいです





☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆






COCOにフィールドトライアルを。。。と考えだしてから

大会に参加するための弊害を取り除くため

COCOのルーツを探す事を決意した我が家




そのために必要不可欠だったのが

元の飼い主さんに連絡を取ること

実はこれが一番気の重いことだったのです




何故ならば

2011年5月(震災から約2か月後のこと)

何とか飼い主さんを探しだし

電話で話をしたゆみへい

その時の飼い主さんの言葉から感じ取った気持ちが

何とも辛かったのです




COCOは福島県の大熊町で暮らしていました

しかも福島第一原発3キロ圏内のところです

2011年3月11日 大きな揺れが襲い そして津波

その数時間後には原発事故による避難命令で

人間がいなくなってしまった街

この街で残された動物達がどんな状況だったか

ニュースや情報番組で見た方も多いと思います




保護に入った動物愛護団体の方たちからの情報は

胸を締め付けられる内容のものでした

首輪抜けをすることも鎖を食いちぎることもできず

繋がれたまま餓死していた犬も少なくなかったと聞いています




そのような状況下でCOCOの飼い主さんは

避難から数日後に被ばくを恐れず

COCOや一緒にいたほかの犬を

自由にしてあげるため自宅に戻ったそうです

避難先に連れて行くことはできないから

せめて生き延びてほしいとの思いで・・・




犬たちを自由にし車で自宅を後にするとき

随分長い距離を犬たちが車の後を追って

走ってついて来たと話してくれました

そんな犬たちをどんな思いで見ていたのか・・・

考えただけで目頭が熱くなります




そしてCOCOは街の住民が居なくなり無人化した大熊町で

約1か月も放浪をしながらなんとか生き延び

2011年4月14日にみなしご救援隊に保護されたのです

その翌日我が家がホストファミリーとして預かり

その後何とか飼い主さんが見つかったのです



昨年の電話で避難生活がいつまで続くかわからないから

COCOの里親になってほしいと言われました

その時に

「いつでも連れて行きますから」

と伝えたら

「自分のためにも犬のためにも会わない方がいい」

と言われたのです




その時はまだ震災から約2か月・・・

まだ精神的にも大変な時だったと思います

そんな時だから一緒に暮らせないのなら

思い出すだけでも辛いと考えたのだと思います




そのような経緯なので

また連絡するのは

とても気が引けて・・・




でも勇気を振り絞り

大熊町役場を通じ元の飼い主さんから連絡を頂く手続きをし

そしてご連絡を頂きました



もちろんまだ避難生活をされているとのことでした

でも電話で快くCOCOの事を教えて下さいました




COCOは秋田生まれ

大熊町の家のすぐ裏は小さな山で自然いっぱいの中で育った自然犬

猟犬仲間(ブリタニースパニエル)と一緒に暮らしていた実猟犬




電話の最後にもう一度

「会いたくありませんか?」

と元飼い主さんに聞いてみたところ

「そりゃ~会いたいよ・・・」




・・・良かった!!

そう思ってくれていたことを感謝し

「では会いに連れて行きます!」

と約束をして電話を切った我が家







この無防備な寝顔も。。。







このかわいらしい肉球も。。。

愛おしくてたまらないCOCO




元飼い主さんに会ったら

COCOが私たちを拒否しないか不安もありますが

私たちとの絆も深くなっていると信じているから大丈夫

そう自分に言い聞かせて連れて行くことを決意しました




今月の中旬にCOCOと福島まで行ってきます!!

元飼い主さんとCOCOを引き合わせたら

「元保護犬」

の名を返上しようと思う我が家なのでした。。。








 「もうすぐ故郷の福島県に行くんですよ。。。」





 我が家の愛娘COCOにプチッと投票お願いします!!


  
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

あれから一年。。。福島はまだ終わっていません!

 COCOは昨年4月14日にNPO法人犬猫みなしご救援隊さんが、福島の無人化した大熊町で放浪しているところを保護してくれたワンコです。

4月15日にホストファミリー(一時預かり)として我が家が預かり、その後何とか飼い主さんが見つかりましたが、ご自宅が原発から数キロのところで、いつ自宅に戻れるかわからない等でもう飼うことはできないとのお話から、我が家が里親として正式に家族に迎えました。




保護された当時のCOCOです。1か月近く放浪していてガリガリでした。



あれから約一年。
時は過ぎていきますが、福島はまだ終わっていません。
警戒区域では今もなお悲鳴を上げている様々な動物たちがいます。



犬猫みなしご救援隊さんは、継続して警戒区域及びその周辺の活動を続けています。
未だに飼い主さんが見つからず里親を待っている子は沢山います。

もしこのブログを見てくださり、共感をしていただけたのならば、できることだけで充分なので、人間のために、突然家族も家も食べ物も失ってしまった被災犬・被災猫の手助けをお願いします。

ブログやHPに「里親募集中!」ということでリンクを貼っていただけるだけで充分です。
きっと多くの方の目に留まり、1頭でも1匹でも暖かい里親さんに巡り合い、人間をまた信じてくれるようになってくれるはずです。

犬猫みなしご救援隊さんがずっとブログで福島のことをお話しています。
一度ご覧になってみて下さい。

ブログ↓
http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/

HP↓
http://www.minashigo.jp/

よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。